ゴハンブログ old

毎日ごはんを食べているので、ブログを書いています。お酒をよく飲みます。

  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鯛のあらで潮汁

SH350317.jpg
SH350323_20100501205506.jpg


2010年4月28日のよるゴハン

鯛のあらの潮汁
牛すじ煮込み
ごはん


なんだかバタバタしていて久しぶりのゴハン更新です。
鯛のあら・・・それは私にとってとても魅惑的な食材です。
一匹分、150円くらいで購入できて、とってもおいしいぜいたくスープがとれる!
臭みも少ないし。
売っているのをみかけるとついつい買ってしまいます。

以前同じように潮汁を作ったときは、煮込みすぎてスープが濁ってしまったので、今回は沸騰させないことをがんばってみました。
そしたら、すごく透明になって、ちょっと高級っぽい見た目になります。
150円なのに。


レシピ覚え書き

まず鯛のあらをよく洗ってから霜降りして、またまたよく洗う。
頭の部分は、沸騰したお湯に20秒くらい投入してざるにあける。
血合いはほんとによーくとる。がんばってとる。
とれなかったら白身までけずるくらいの勢いで、がんばる。
そうすると、全然臭みが出ない!

下処理した鯛のあらを、お鍋一杯分のお水にいれる。だし昆布、生姜の薄切り1片分もいれる。
ふたをして、火にかける。初めは強火。
一気に加熱して、沸騰しそうになったら、弱火に。
時々小さな泡がのぼってくるくらいの火加減で、加熱をすすめる。
どんどんスープが濁ってくるけれど、そのまま加熱する。
アクがどんどん出てくるので、どんどんアクをとる。
あまりアクが出なくなって、スープが透き通ってくると、潮汁は完成。
塩と、白だしで調味し、絹ごし豆腐をいれて、同じ火加減のままあたたまったら、
器に盛って、みょうがの千切りをちらして出来上がり。


潮のかおりがおいしい潮汁。
お魚の恵みを感じます。
二日酔いの時のあさゴハンなどに、最高です。


◎ランキング参加中◎
よかったらクリックおねがいします◎
スポンサーサイト

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://mocofafa.blog102.fc2.com/tb.php/585-427d5535

 | HOME | 

■ プロフィール

yurico

Author:yurico
大阪に住むゆりこです。
日々のごはんなどを記録していきます。

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

■ リンク

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。